SEA Forum in Apr. 2022[新しい品質保証のかたちを目指して]0426

SEA Forum in Apr. 2022[新しい品質保証のかたちを目指して]0426 に参加してきました。

というか、発表側なのですが今回は発表していません。

発表されたのは、三輪さん、小島さん、常盤さんです。

いつものことながら、発表が上手なので感心していました。


QM ファンネルとQAスタイルファインダーについての発表です。


時代によって QA の立ち位置が変わってきて Agile/DX 時代の QA のありかたってどうなっていくんだろうか、どのようなことをしていくのか以下のように整理をしていったことの発表でした。


  • QMファンネル

  • 組織デザイン

  • ロールと兼務の可視化

  • スペシャリティの可視化

  • 組織・キャリア開発

  • QAスタイルファインダー

  • 行動スタイル可視化

  • 多様性への共感

  • 強み・弱み診断

  • 戦略・育成プラン支援


漏斗状にしたのはすべての役割に業務が流れるイメージしているのを説明しないとヒエラルキー的なイメージに勘違いしそうだなとは思いました。


プロセス改善をするためには、プロモーター、コンサルとか必要だね、プロモーションするのも何をプロモーションするのかにもよるねっという話題が上がっていました。


品質管理部門があるのにプロモーター、コンサルが機能していないとかという話題もあり、

部門があるわけではないが、一人QAな自分ですがプロモーターとかコンサルの機能ってどうなんだろうなっとと思い苦笑いでしたw


QAスタイルファインダーは、QAに関わらず利用できそうとか言う意見もありました。SigSQA のなかでもそういう話もちらほらでていましたので、同じことを考えるなとは思いました。


相反する(と思われる項目) を両方とも考慮していくのがQAスタイルファインダーの特徴という話をしていました。項目が相反するかどうかの議論も必要というのも上がったが新しい発見でした。


「第四世代テストプロセス」というものがあることを知りました。

https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I7842165-00

開発部門だけではなく QA 部門でのテストが必要だとか。


第四世代ジェット戦闘機なら知っていますw

F-14、F-15、Mig-31、Su-27 とか。Mig-31は直線番長なので第三世代と思っている人ですが。




久しぶりにオンサイトでの勉強会でしたので渋谷に向かいましたが、新宿、渋谷は迷宮組曲です。



っと、帰りにラーメンを食べながら思ったことでした。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前提条件 ゆるふわWeb系QAの戯言です。 きっかけ アジャイルでどうテストすればいいかという悩みの本質は、ほとんどテストではなく、それ以前の問題に起因するのでは?という話を聞いて、自分なり考えてみた。 アジャイル開発でテストが難しい理由はQAプロセス設計の難しいことが大きな原因では? たぶん、WFだとあんまり考えないで順序通りに実施してもそこそこ上手くいく。それは、WFの開発プロセスが確立してい

今週もテストアーキテクチャ設計をやっていた。 テストアーキテクチャ設計とはいかのあたりを参考にしてもらえればいいかと。 https://www.jasst.jp/symposium/jasst12tokyo/pdf/A2-3.pdf https://jasst.jp/symposium/jasst13tokyo/pdf/A2-4.pdf 特に機能性の部分ではあるが、製品の心臓部である。 というか、

ここ最近、機能性部分のテスト設計を行っているが、このテスト設計は開発設計書を補完するものだと思う。 (あくまで機能部分です) そして、実装した機能に対しての意味付け(理由)を可視化・明示するものほかにならないとは思った。 考え方、見え方次第になるが、バグがあったときに、なぜバグではないのかを説明する義務が発生する。 速度が遅いとかいうのもバグの一つだ。 開発担当者に、なぜこの実装となるのかをしつこ