top of page

バグ修正のテストプロセス その2

ここ最近、思ってきたのは、以下のマインド (文化) が根底にあるような気がした。

バグ修正 = 品質向上


バグが修正されたら、部分的に品質は向上するだろうがそれは、あくまで外科手術的なものにすぎないと思っている。


摘出手術、移植などで患部は取り除いた (取り換えた) のかもしれないが、それは品質向上なのか?ということ。


バグの要因分析はしているものの、なんとなくそれをやっただけで (過去の文化が悪かったとか) 終わってしまったりとかでモヤモヤ感が一層増大する。


弱点 (体が弱いとかとか) があれば定期的な検診や検査、メンテナンスをするよね?

おれも膝をけがしているから、定期的な検査、メンテナンスするけどw


バグやデグレが多いし、影響がよくわからんとか言うのであればリグレッションテストとか何か定期的な検査をするんじゃないかな?


そういう発想が芽生えないのは、やはり上記のバグ修正=品質向上で止まっていると思われる。


もちろん、100% 完全なテストなんて無理なので効果が高いところからするのは当然だけどね。


そういうマインド(文化)を変えていきたいとは切に思った。



閲覧数:8回4件のコメント

最新記事

すべて表示

認定 Scrum Master 講習

下書きにしていた記事が消えた。。。 認定 Scrum Master の講習を受けてきました。 https://odd-e.tech-kai.com/tech/user/courses/296 私が関わっている業務ではアジャイルやスクラムといった開発スタイルを取っていないのですが、スクラム開発になっていきたいという気持ちもあり、知っておかなければ開発メンバーにも PO にも説明ができないということで

【ラクスMeetUp】ARR100億超プロダクトをさらに成長させるプロダクトマネジメント

https://rakus.connpass.com/event/299985/ こちらを聴講させていただきました。 全体を通して基本は方程式をもとに基本を着実に実施していると感じました。 そして現在は、流行り?のPMM との連携というのも話題に上がっていたところが今どきのプロダクト開発なのかなと感じました。 ARR100億超SaaSをさらに成長させるPdM組織の立ち上げと今後について 問題解決プ

WARAI冬の陣2023

https://warai.connpass.com/event/300768/ WARAI冬の陣2023 こちらに参加をしてきました。 午前は、どのように日々勉強をしているか、テスト・QAエンジニアのキャリアなどについて話されていました。 まゆぼーんさんのなかなか続かない、腰が重いとか問題はだれしもある問題でそれを克服するためにどうするかなどが話されていました。 写経は結構パワーがかかるので無理

4 Comments


usk o4ra
usk o4ra
Dec 10, 2022

マインド(文化)を変えていきたいオンライ区長の理想の状況とは?

Like
usk o4ra
usk o4ra
Dec 10, 2022
Replying to

バグ修正に祝福を!

Like
bottom of page