ソフトウェアテストというお仕事の雑感

更新日:5月19日

JaSST nano vol.12」というイベントを見ました。

そんななか、log5 さんの発表が闇が多めで面白かったです。

※) もちろん、そのほかも興味深かったですよ。


第三者的なテスターの経験がなく、知らない間にテスト「も」する人になっていたので、純粋テスターという立ち位置がわかっていないのですが。


テストする人の賃金が低いという話がありましたが、そもそもビジネスとして成功していないから全体的に低いのか、それともテストする人「だけ」が低いのかとか思惑してました。


後者であれば、そもそもテストの必要ないんじゃね?って自分なら言いたくなってしまうんですけどねー。

テストという工程にコストをかけたくないなら、それはそれでいいんじゃないかとは思うし、そんな付け焼刃でテストしましたーと言っても品質があがるわけないでしょ、他のところに投資すれば?とか言いたいw


そして、そのあたりで思ったのが、安い賃金で製品(サービス)と周辺技術、ドメイン知識、そしてテスト技術(技法) などなどを知らない人がやってきてテストをする恐怖。

バグが発生する原因も分析できず永遠と負のスパイラルを生きていくんだろなとか思ってみていました。



Scrum Fest 新潟の件についてはお楽しみなので、参加してから何か書くと思います。




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前提条件 ゆるふわWeb系QAの戯言です。 きっかけ アジャイルでどうテストすればいいかという悩みの本質は、ほとんどテストではなく、それ以前の問題に起因するのでは?という話を聞いて、自分なり考えてみた。 アジャイル開発でテストが難しい理由はQAプロセス設計の難しいことが大きな原因では? たぶん、WFだとあんまり考えないで順序通りに実施してもそこそこ上手くいく。それは、WFの開発プロセスが確立してい

今週もテストアーキテクチャ設計をやっていた。 テストアーキテクチャ設計とはいかのあたりを参考にしてもらえればいいかと。 https://www.jasst.jp/symposium/jasst12tokyo/pdf/A2-3.pdf https://jasst.jp/symposium/jasst13tokyo/pdf/A2-4.pdf 特に機能性の部分ではあるが、製品の心臓部である。 というか、

ここ最近、機能性部分のテスト設計を行っているが、このテスト設計は開発設計書を補完するものだと思う。 (あくまで機能部分です) そして、実装した機能に対しての意味付け(理由)を可視化・明示するものほかにならないとは思った。 考え方、見え方次第になるが、バグがあったときに、なぜバグではないのかを説明する義務が発生する。 速度が遅いとかいうのもバグの一つだ。 開発担当者に、なぜこの実装となるのかをしつこ