top of page

ソフトウェアのテスト設計に思うこと 1

ソフトウェアのテスト設計の役目って何だろうと思ったこと

そもそも設計書が完璧であれば、チェックシートだけでいいと思う今日この頃。

ただ、設計が100% になることは、そうそうないので、それを補完していくのがテスト設計の役目じゃないかなと思い、ここ最近は設計書の暗黙領域を可視化することに注力している。

そして、テストが複雑になるときは設計の説明を受けるが、この説明が長くなったり、難しくなったりするところは、おそらく何か欠陥が含まれている(ことが多い)。

実際のコードのバグじゃなくても、構造的なバグが含まれていたり再利用できない状態などがある。

これも発見していくのもテスト設計の役目の一つかなと思っている今日この頃でした。

閲覧数:13回1件のコメント

最新記事

すべて表示

ここ最近ぼんやり考えていたことだけど、非機能テストってどうやって理解させていくのかというのことを悩んでます。 とりあえず、個人的に非機能、機能とか分けること自体ナンセンスとか思っている人です、はい。 非機能テストってわりと探索的テストに近いことが多いと感じているのですが、「テスト」だけではなく、さまざまな情報や知識があってこそ探索的テスト (学習してフィードバック)ができると思っています。 非機能

ここ最近、思ってきたのは、以下のマインド (文化) が根底にあるような気がした。 バグ修正 = 品質向上 バグが修正されたら、部分的に品質は向上するだろうがそれは、あくまで外科手術的なものにすぎないと思っている。 摘出手術、移植などで患部は取り除いた (取り換えた) のかもしれないが、それは品質向上なのか?ということ。 バグの要因分析はしているものの、なんとなくそれをやっただけで (過去の文化が悪

ここ最近、QA、テストのプロセスや手法を聞くことが多いですが、既存の製品や機能などのバグに対してのQA、テストはあまり聞かれません。 開発担当者がバグの修正をして終わりなのでしょうか 最近では、新規開発チームから、既存のバグを修正する(だけではないですが)部署に異動となり品質を考えるようになったので、日陰作業ですが、日々のバグ修正とリリースについて、どのようにされているのか気になります。

bottom of page