コロナからの生還

コロナに感染し 10 日間の隔離 (監禁) から解放されました。


2 回のワクチン接種しいたおかげか症状は軽く症状が出た2日目で復活しました。 (実質1日で治った)

症状が軽いときの恐ろしさは、まったく食欲が減退しないこと、そして全く動かないこと。これが 10 日間続くと、筋肉は衰えるし、一気に太るしで。


都合14日間走っていない状況でしたので、案の定 10km 走った程度で左ひざが痛くなりました。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前提条件 ゆるふわWeb系QAの戯言です。 きっかけ アジャイルでどうテストすればいいかという悩みの本質は、ほとんどテストではなく、それ以前の問題に起因するのでは?という話を聞いて、自分なり考えてみた。 アジャイル開発でテストが難しい理由はQAプロセス設計の難しいことが大きな原因では? たぶん、WFだとあんまり考えないで順序通りに実施してもそこそこ上手くいく。それは、WFの開発プロセスが確立してい

今週もテストアーキテクチャ設計をやっていた。 テストアーキテクチャ設計とはいかのあたりを参考にしてもらえればいいかと。 https://www.jasst.jp/symposium/jasst12tokyo/pdf/A2-3.pdf https://jasst.jp/symposium/jasst13tokyo/pdf/A2-4.pdf 特に機能性の部分ではあるが、製品の心臓部である。 というか、

ここ最近、機能性部分のテスト設計を行っているが、このテスト設計は開発設計書を補完するものだと思う。 (あくまで機能部分です) そして、実装した機能に対しての意味付け(理由)を可視化・明示するものほかにならないとは思った。 考え方、見え方次第になるが、バグがあったときに、なぜバグではないのかを説明する義務が発生する。 速度が遅いとかいうのもバグの一つだ。 開発担当者に、なぜこの実装となるのかをしつこ