top of page

【ラクスMeetUp】ARR100億超プロダクトをさらに成長させるプロダクトマネジメント

こちらを聴講させていただきました。


全体を通して基本は方程式をもとに基本を着実に実施していると感じました。

そして現在は、流行り?のPMM との連携というのも話題に上がっていたところが今どきのプロダクト開発なのかなと感じました。



ARR100億超SaaSをさらに成長させるPdM組織の立ち上げと今後について


問題解決プロセスとして当たり前かもしれないのですが、しっかりと基本に則って実践している感じでした。

・現状把握

・目標設定

・問題特定

・解決策立案

・解決策実行


新PdM組織での顧客解像度の上げ方


顧客解像度あげるとどんな効果がでるのか


仮説を立てるのにジョブ理論を使っているとか

なんじゃろ?ジョブ理論って?早速amazonでぽちった。


チームのメンバー DHCI を決めて役割分担をきめている

分担しすぎるとなんとなくサイロ化しそうだなっとか思ったり。


御用聞きになるのではく何が必要かを分析をすることが重要。

クリティカルじゃないこともたくさん上がってくるので優先順位をつけていくこと


MVP開発をするための要求の詰め方


プロダクト4階層を使う。

やらないことをきめる


意思決定要素の構造化(システム志向)


・ユーザに提供する価値

・プロダクトの価値提供としてやらないこと


MVP を決めるために、やらないことを決める。


プロダクトの外部環境、内部環境を書いてユーザの提供価値を決める


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

認定 Scrum Master 講習

下書きにしていた記事が消えた。。。 認定 Scrum Master の講習を受けてきました。 https://odd-e.tech-kai.com/tech/user/courses/296 私が関わっている業務ではアジャイルやスクラムといった開発スタイルを取っていないのですが、スクラム開発になっていきたいという気持ちもあり、知っておかなければ開発メンバーにも PO にも説明ができないということで

WARAI冬の陣2023

https://warai.connpass.com/event/300768/ WARAI冬の陣2023 こちらに参加をしてきました。 午前は、どのように日々勉強をしているか、テスト・QAエンジニアのキャリアなどについて話されていました。 まゆぼーんさんのなかなか続かない、腰が重いとか問題はだれしもある問題でそれを克服するためにどうするかなどが話されていました。 写経は結構パワーがかかるので無理

技術的品質と開発生産性:二兎を追うための技術の聴講

ちょっと音声がとぎれとぎれだった アジャイルフルーエンシーモデルという新しいことをしれた 4つのゾーンがあるらしい ・フォーカス ・デリバリー ・最適化 ・強化 後で調べてみよう 本当に価値のあるデリバリーを目指したチームの取り組み 「心理的安全性チームになって発言しやすい雰囲気ができた」その取り組みをもう少し知りたかったかな 開発生産性の指標を考えてくれたとあったけど、どのような指標を作っている

bottom of page